読者目線でブログを書く簡単な方法

読者目線って聞くけど、結局どうすればいいの??

簡単にできることを知りたい!!というのが本音ではないでしょうか?

簡単にできることじゃないと、続けにくいですよね( ̄▽ ̄)!
今すぐできることから、やってみましょう。

スポンサーリンク

そもそも読者目線ってどういうこと?

  • 読者さんが知りたいことを書く
  • 読者さんを迷わせない
  • 難しい言葉を使わない
  • わかりやすく伝える

いろいろありますよね。

共通するのは、読んでくれる人を意識すること。でしょうか。

【内容】と【見た目】

どっちも大事!!!

 

内容の濃さ

内容の薄いブログは、リピーターになってくれません。→いつまで経っても新しい読者さんを探す?

PV上がっても、あんまり意味がないかも……。

見た目

見た目って、体裁のこと。
デザインのキレイさとかって話ではなくて「読みやすさ」のことです。

ぱっと見て「わかりにくそう」なブログは読まれません。

  • 文字の色、薄くしちゃっていませんか?
  • たくさんの色を使っていませんか?
  • 絵文字、使いまくっていませんか?
  • メニュー、わかりやすいところにありますか?

ブログにたくさんの色を使いすぎると、どこを強調したいのか分かりません。
絵文字を使いすぎると、軽い感じに見えます。

メニューがどこにあるか分からなかったら、読者さんは探してはくれません(笑)

初めて来た人にわかってもらえるように整える必要があるんですよね。

今すぐ!読者目線でブログを整えるには?

記事を書いたあと、少し時間を置いてから・・・自分で読んでみましょう。

写真を入れる場所。文字の大きさ。
内容はわかる??チェックして、修正しましょう( ´ ▽ ` )ノ

使う色を決めちゃうのもいいですね。

長いブログは読まれない?

短すぎるブログもよしあしですね。
わたしは、あんまり短くて内容のない記事ばかりのブログはあまり好きではないかな。

ちょこちょこ更新すると「更新しましたよ〜」のお知らせをするようになっている無料ブログを使っている人に多いですね。
見に行って、内容なさすぎてがっかりすることが多いです(笑)

読ませるテクニックがない、内容がないから短い記事をたくさん書きましょうと言われるのかな。
PVは増えるけど、それこそ読まれてないですし、長期的に見たらマイナスだと思うのだけど。

個人的には!ですが。
内容の薄い記事を3つ書くより、しっかり「読んでもらえる、満足してもらえる」記事を1つ書いた方がいい気がします。

たまたま目にした記事がショボイ手抜き記事だと、次からは読みに来てくれませんよ!
せっかく来てくれる読者さんの時間泥棒にならないように気をつけましょうね。

安定して読まれるブログを書いている人を見ると、何かが見え来るかも♪

スポンサーリンク