トラベラーズノートをシステム手帳化!道具と手順を紹介するよ

SHARE

トラベラーズノートをシステム手帳化!道具と手順を紹介するよ

バイブルサイズのシステム手帳はファイロファックスのマルデンを使っていたんですが、リング内径が23mmと大きめで持ち歩くにはちょっと重かったんです。

ノックスブレインのカロスとかルフトも考えたのですが、そういえばトラベラーズノート持ってる!!
しかも持て余してる!ということで、システム手帳化しようと思いつきました。

そこそこ使っていて愛着はあるのに「ノートごと差し替え」っていうのが上手く使えなくて。
なんでもサッとメモすることができずに眠っていたんです。
もったいないんだけど、手放せないという・・・。

特定疾患の医療証がA4の3つ折りサイズで、トラベラーズノートにピッタリだったので、今回は本体のカットはせずに真ん中あたりにバインダー金具を付けました。

お好みで、リフィルサイズに合わせてカットしてから付けてもいいかもしれません。

トラベラーズノートをシステム手帳化するために必要なもの

トラベラーズノート本体

これから買うなら、トラベラーズノートはレギュラーサイズですよ。
ミニ6サイズ派ならパスポートサイズでちょうど良さそうです。

色は黒・茶・キャメルの3色。
ちょこちょこ限定品が出ています。(わたしのはブルーエディション)

バインダー金具

今回はバイブルサイズのリング径15mmのものを使用しました。

リングが15mm以下なら、市販のバイブルサイズがピッタリ入りました。

※フランクリンプランナーのリフィルを使うならはみ出しそうです。

こちらだと、ネジ式のビスがセットになっているみたいです。
お値段もそんなに変わらないかな。

A5スリムのシステム手帳にしたい場合は、A5サイズのシステム手帳のバインダーを買いましょう( ´ ▽ ` )
後の手順は一緒です!

わたしはネジ式だと、使っているうちに緩むのが嫌なのでカシメを選びました。
購入したカシメはコレです。
(Amazonだと100セットのものしかなかったw)

トラベラーズノート本体の革とジッパーファイルですが、カシメは14.5mmの長さのものがぴったりでした!
他に革を挟んだりするなら16mmでも良さそうです。

カシメは2セット使います。

必要な道具と代用品

  • 穴あけパンチ
  • カシメ打ち棒(カシメの頭のサイズにあったものを用意しましょう)
  • カシメ打ち台(オールマイティープレート)
  • 木槌(道具を増やすのが嫌だったので、金槌使いましたw)

セットでも売ってるみたいですが、どうしても余分なものも付いているんですよね〜

トラベラーズノートをシステム手帳化する手順

システム手帳化自体はめっちゃ簡単です。
写真を撮りながらの作業でも30分かからないくらいで出来上がりました。

トラベラーズノートから外しておくもの

  • ペンホルダー
  • リフィル
  • リフィルを挟むためのゴムと栞

どれも簡単に外れます。

今回はゴムと栞はぶった切りました。ハサミで。

トラベラーズノート リペアキットを使えば元に戻すことはできるし、どうせ使わないのでいいかな〜と。

穴を開けよう

わたしは、リングのあたりが出にくいようにするのと実用的な意味でジッパーケースも一緒にバインダー金具に固定しました。

これです。

バインダーの金具の穴に合わせて印をつける

カシメるための穴があいているので、ジッパーケースに重ねて位置を決めます。

印はその辺にあった油性ペンで。
どうせ穴を開けたらなくなるので、なんでもいいです。

穴を開ける

回転式の穴あけパンチで穴を開けました。

開けた穴のサイズは2.5mmでピッタリでした。
大きすぎなければ大丈夫だと思います!

カシメの足の部分の直径に合わせて小さめに開けてみて、差し込んでみるのがいいですよ。

穴を開けたジッパーケースをトラベラーズノート本体に重ねて、同じように印をつけてから穴を開けます。

こっちも同じ2.5mmで。

バインダー金具を付ける

同じ作業をバインダー金具の上下で2回繰り返します。

長い棒(カシメの足)が出ている方のパーツに

  1. トラベラーズノート(外側から)
  2. ジッパーケース
  3. バインダー金具

の順番に差し込みます。

バインダー側(内側)から、カシメの足のない方のパーツをのせて指で軽く固定します。
この固定するのがポイント!なるべくまっすぐ付けたいので指で押せるところまで押しましょう!!

しっかりカシメて固定する

打ち台の凹みのサイズが合うところに、カバー外側のカシメをのせます。

打ち棒の凹みをバインダー側のカシメにのせて、打ち棒を木槌で叩きます。
わたしは金槌でやっちゃってるので、打ち棒が結構欠けてますね。

そんなに力はいらないのですが、しっかり付いていないと外れてしまいます。
少しずつ叩いてしっかりついてるか確認しながら作業するといいですよ( ´∀`)
コンクリートの上で、打ち台の下に厚めの雑誌などを敷くことをオススメします。

完成です!

グラグラしなければ大丈夫です!
お疲れ様でした〜!!

リフィルを入れるとこんな感じです。
180度パタンと開くので、使いやすそうですね!

ジッパーケースも普通に使えます( ´ ▽ ` )
おつかれさまでした!質問などはコメント欄にどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です