手帳

あな吉手帳を卒業する理由は手帳ではなくコミュニティ

2014-11-05

あな吉手帳術を辞めた理由は独特なコミュニティ

いろんな理由であな吉手帳は使わなくなったのですが、いわゆる「挫折」とも少し違う事情があったので書いておきます。

あな吉手帳に出会ったのは2011年です。7年前ですね!

他の手帳や手帳術とはちょっと違う感じだったのです。
(他の手帳を使わなくなる理由は「飽きた」とか「自分に合わなかった」みたいなものなのです)

コミュニティや「手帳術」「手帳カフェ(オフ会)」に関して同じような体験をされた方や、そこがネックで「始めるかどうか迷っている」など・・・。

わたしとしては、手帳は自分の好きなように使うものだと思っているので結果的に現在はあな吉手帳はやっていませんが

  • 講座に行ったり
  • オフ会を主催したり

1人のユーザーであった経験から、あな吉手帳を卒業したことを書いています。

「挫折」じゃなくて「卒業」のわけ

あな吉手帳を始めてから今まで、いろいろありまして。 人生一番の転機だったかもしれません。 30年ちょっとしか生きてないけど(笑)

  • 余命宣告されたこと
  • A5のシステム手帳を持ち歩くのがしんどくなったこと
  • コミュニティへの不満

余命宣告されたことは、直接の原因ではありません。

単純に「生活が変わった」という話なのです。
A5のシステム手帳を持ち歩くのがしんどくなって、違うサイズでもできるよね?というのはあな吉手帳を始める前からわかっていたことです。

みんないい人たちだし、やりたいことをどんどんやってて素敵なんです。
だけど、やっぱり女性が集まると・・・いろいろありますよね(笑)

やめると決めた一番の理由は「あな吉手帳術」の独特なコミュニティに疲れたからというのが正直なところでした

あな吉手帳術は講座があるのが特徴

あな吉手帳術マスター講座を受講するまでの話|すっきり ゴキゲン
コメントをくださった春野菜さんの記事です。

春野菜さんは、2017年1月に「あな吉手帳術マスター講座」を受講されています。

公式ホームページの内容を見る限り、新しい講座が追加されているだけで基本は変わりなさそうな気がします。

講座と講師|簡単!楽チン!お悩み解決「あな吉手帳術」

わたしが受講したのは現在の「基礎講座(前・後編)」ですね。

当時はこの2つの講座しかなくて、受講料も3,000円とか5,000円くらいだったと思います。

卒業するくらいのタイミングで「マスター講座」とか「一年コース」が出はじめた感じでした。
公式ホームページができたあたりからの感じは本当に「サロン」とか「宗教」みたいな感じ。

手帳って自分が使いやすければいいはずなのに「こうじゃないとおかしい」という空気すらあるんです。

あな吉手帳コミュニティについて

あくまでも2011年〜2014年頃までの話になりますが、現在も大きくは変わっていない様子。

あな吉手帳との出会い

最初にあな吉手帳を知ったのは、2011年の年末び本屋さんで見かけた1冊の本でした。

当時のわたしは

  • ほぼ日手帳
  • フランクリンプランナー
  • しもやんの成功手帳(A5システム手帳)

を使っていました。
そもそも手帳好きだったので「新しい切り口の手帳術の本が出てるな」と手に取ったんです。

主婦向けの手帳なんてなかったから目にとまったんですね。
内容は・・・既存のビジネスマン向けの付箋を使った手帳術の切り口を主婦向けに変えたものでした。

手帳好きからすると「知っている内容」が多かったです。
どうしてあんなにブームになったのかな?と考えると、今まで手帳を必要としていなかった(という雰囲気があった)主婦に向けた内容で、共感できるエピソードがたくさんあったからなのでしょうね。

実際に「家事に子育てにお仕事に忙しい主婦」の人が「やりたいこともあきらめない!」という構成で書いてあります。

ゆうこりんさん(@yucorin.plans)がシェアした投稿 -


A5サイズのシステム手帳なら、今の手帳をそのまま使える!
ということで上の書籍と、mixiのコミュニティの情報を頼りに

  • やることシート
  • ふせんパッド

をとりあえず作ってみました。

ふせんパッドも作ってみた

わたしの場合は、一からではなかったので取り入れやすい手帳術でしたね。

インデックス

あな吉手帳を使っていたときはガーリーテプラやこはるを使っていました。
主にインデックスとか、やることシートのタイトル用ですね。

マステに印刷できる!が売りのこはる。

感熱紙なので、どんどん印刷が薄れてただのマステになります。
手帳のインデックスに使ったこはるのテープは4ヶ月くらいで文字が無くなりました(笑)。

ゆうこりんさん(@yucorin.plans)がシェアした投稿 -

 

感熱紙なので、耐久性がレシート並です。2ヶ月くらいで薄くなってショックだった記憶(笑)
今はブラザーのピータッチキューブを使っています

オフ会を開催することに

地方で講座は開かれていなかったんですがmixiのコミュニティがあったんですね。
他の地域ではオフ会があっているようなのに福岡のユーザーさんは数人しか見つかりませんでした。

発信されている方が少なかったんですね。
いろんな人の使い方を見てみたいと思ったので、福岡でオフ会を開催しました!

ゆうこりんさん(@yucorin.plans)がシェアした投稿 -

主催するときにいろいろ面倒だったのはここだけの話です。
今思えば、協会ビジネスになる少し前だったからでしょうね。

そしてそのオフ会の流れで、福岡でもあな吉手帳術の講座が開催されることになったんです!(今はシステムも料金も変わっているみたいですね)

浅倉ゆきさん的に講座を受講していないわたしがオフ会の主催をするのが不安だったようで、福岡でゆるベジの講座を主催する方がオフ会に参加されることになったんです。

今思えば、そうそうたるメンバーでのオフ会だったな〜(笑)
何年も使い続けて来れたのは、手帳仲間のみなさんのおかげです(´∀`*)ありがとう!
辞めるのも、ですね( ´•௰•`)

居心地が悪くなったのは「参加できない時期」があったから

しばらくは他の手帳も使いつつも、あな吉手帳も使っていました。
保育園のPTA会長をしてたときはすごく便利でした。(書類の保管場所として)

ウイークリーとマンスリーを見開きで確認できるように

電車で通勤していて、他の役員さんから連絡が来ることが多いので書類の持ち歩きが必須だったんですね。

オフ会も月1で最初に参加してくれた人たちが順番に開催されるようになりました。
天神の中央児童館で開催してたな〜。
(子連れの方が多かったんです)

そんな中、持病の発覚。入院。
退院した数ヶ月後に脳虚血発作で、また入院になりました。
しばらくオフ会にも、講座にも行けなかったんですよね。

勝手に疎外感を感じていた

誰かに「来るな」って言われたわけじゃない。

わたしの都合で行けなくなったわけなんですけど
やっぱり「あな吉手帳を同じように使っている仲間」でしかなかったんですね。

みんなと同じじゃないわたしは疎外感を感じてしまいました。
いつの間にか、天神でやっていたオフ会は筑紫野市で開催されるようになっていて。

物理的に参加しにくいな〜と思っていたら、主催者(になっていた人)からネットで攻撃を受けたのが決定打になりました。

「あ、もうやめよう」って吹っ切れたんですね。

結局は学生のときにある「いじめ」と同じ

みんなフットワークが軽いので、県外の講座とか軽く行くんですよね。

あな吉手帳を使っているのなら「行きたいところには行けるはず」。
行けなくなったら、よそものみたいな感じになってしまいました。

「みんなと同じじゃないならあの人は仲間じゃない」

もちろん大人だから、表立ってそんなことは言われませんけど(笑)
一部の人から煙たがられているのをしっかり感じましたよ。

リフィルは手作り
あな吉手帳時代の手作りリフィルはトモエリバーを使っていました

今となっては、もはや宗教化しているようにも見えるしいいタイミングだったのかもしれません。
後から聞いた話、「参加できない人」はみんな同じように感じていたそうです。

ゆうこりんさん(@yucorin.plans)がシェアした投稿 -

たまにクリアなバインダーを使ってみるんですが、どうもしっくりこなくて。

ヴィトンのGMサイズ(A5)のシステム手帳をあな吉手帳として使っていました。
大きくて重いんですけど、めっちゃテンション上がるので片道40分の通勤でも毎日持って行ってたな。

気に入って、10年近く使ってた(間休んだりしてたけど)のを手放すのはちょっとさみしかったかも。

やめると決めたらスッキリした

ということで、やめてよかったのかもしれません。

「進化する手帳術」ってうまい言い方するな〜と眺めています。
手帳の使い方は自由(当たり前なやつw)。

進化するといえば聞こえがいいけど、考案者の使い方がどんどん変わるので講座はリピーターさんが多い。自分の都合のいいように変えるのはいいんだけど。

「手帳術」として講座をリピート受講させてたり、変に縛りがあるのがめんどうで(笑)。
ご本人から「基本通りにやらないから」って言われてからは講座に行きたい気持ちも無くなってたんですよね。

システム手帳は使います

あな吉手帳やめても、システム手帳は使いますよ~(*´罒`*)
バイブルサイズ。

ゆうこりんさん(@yucorin.plans)がシェアした投稿 -

気にしないよ~って方はこれからも絡んでいただけたら、と思います(*゚▽゚)ノ
とりあえず、手帳がないと生活がスムーズに回らない(笑)のは確かです。

RELATED POST

-手帳
-

Copyright© ゆころぐ , 2019 All Rights Reserved.