WordPressのレンタルサーバー比較。結局どこがオススメ?

2017-5月-22

ワードプレスを使うコトを前提でレンタルサーバーを比較してみます。
どこのレンタルサーバーも「お試し期間」があるので、とりあえず試してみるというのもアリかな。

ワードプレスってPHPとMySQLを使ったものなので
単純に「料金重視」でサーバーを選ぶと、後でちょっと面倒だったりします。
過去に数回サーバー移転を経験しているからこそわかるところ。

最近はワードプレスのインストールが簡単にできるサーバーが増えて、嬉しいですね( ´ ▽ ` )ノ

気になっているけど……
って悩んでいるなら、試しにインストールして触ってみるのもいいですよね☆

体験してみるって大事。

サーバーによって、ワードプレスの表示速度も違うし、サポートの感じが違ったり。
使い心地もそれぞれだったりします。

じっくり検討しましょう!

昔は本体をダウンロードしてくるところから始まって
ファイルを書き換えて

FTPソフトでサーバーにアップロードして……っていう作業が必要だったのに(いつの話やw)

今は無料ブログを始める時くらいの感覚ですもんね〜!

スポンサーリンク

サーバーを比較するときのポイント5つ!

  1. 予算(初期費用と月額料金)
  2. サーバーの容量(どのくらいの規模?)
  3. いくつWordPressを作るか(ドメインとMySQLの数)
  4. どの程度のサポートが必要か
  5. 目標のアクセス数(転送量)

ざっくり、こんなところをチェックして選んでいます。

どこのサーバーもいろいろと数字が書いてあって、比較しにくいんですよね〜!
あとは、自動でバックアップを取ってくれるサーバーを選ぶのもいいですね。

今回の必須ポイント

今回は何を基準に、どのサーバーを選べばいいの??

という人向けの比較なので。

  • 簡単にワードプレスをインストールする機能がある
  • セキュリティ対策がされていること
  • もしもの時のために!自動バックアップ機能がある

という基準を満たしているサーバーをご紹介。

比較的オススメのサーバー5つ

  1. エックスサーバー
  2. シックスコア
  3. wpXレンタルサーバー
  4. さくらのレンタルサーバ※スタンダードプラン以上
  5. ロリポップ※ライトプラン以上

1〜3までのサーバーはオススメです。

4、5は昔使っていたのですがいろいろありまして、今は使っていません。

趣味のブログならいいかな〜と思いますが
本気でやるならオススメはしないかな。

ちなみに、どちらも一番お安いプランだとワードプレスはできません!

サーバー名(詳細) 初期費用 月額費用 特典&特徴 お試し期間
さくらのレンタルサーバ 1,029円 515円〜 12周年キャンペーン中 14日間
ロリポップ 1,500円 250円〜 簡易版ショッピングカートが使える 10日間
シックスコア 6,000円 1,800円〜 供用SSLが標準装備、定人数ハイスペックサーバー 14日間
wpXレンタルサーバー 5,000円 1,000円〜 WordPress専用サーバー 14日間
エックスサーバー 3,000円 1,000円〜 独自ドメインプレゼントキャンペーン」が定期的にある。
全サーバープランで独自SSL(https)が無料・無制限で利用可能。
10日間

サーバーあるある

「いろいろやっていくと、ワードプレスの動作が重くなる」「特殊な設定が必要」「サポートがイマイチ」

……全部わたしの経験です(笑)

コアサーバー→さくらのレンタルサーバー→ロリポップ→wpX(お試しのみ)→エックスサーバーという感じでサーバー移転して、今はエックスサーバーに落ち着いています。

料金とサービス・サポートの対応のバランスがいいのです。
wpXにしなかったのは……WordPress以外のメルマガシステムやら決済システムを導入しているからです。
SSLが無料で使えるのも嬉しいですね!

とか言いつつ、わりと新しめだけど高性能っぽいmixhostに移転してみました!

https://yucorin.com/xserver-mixhost/

ドメインは違う会社でももちろん大丈夫!

DNS設定をすれば、どこのサーバーでもちゃんと使えますよ〜!

まとめ

サーバー移転って、意外と面倒な作業です!

  • いくつワードプレスを使うか?
  • どのくらいのアクセスを集めるか?
  • どんなサポートが必要か??

そんな目線で、料金の安さだけじゃないサーバー選びができるといいですね!

スポンサーリンク