手帳とノート

自作リフィルに使うソフト

更新日:

最近リフィルの無料ダウンロードをはじめてみたんですが、twitterなんかでもリフィルを作り始める方がちらほら。

システム手帳がもっとメジャーになったら嬉しいな〜!ということで。

わたしなりにですが、リフィルの作りかたを公開します( ´ ▽ ` )
基本的に素人が趣味で作っているので、もっと効率よく作れるのかもしれません。
(そこはむしろ教えて欲しいくらい)

リフィル作成に使うソフト

わたしがシステム手帳のリフィルを作るために使っているのはAffinity Designerというソフトです。

Affinity Designer
カテゴリ: グラフィック&デザイン, 仕事効率化


有料ではありますが、ある程度ちゃんとファイルも開ける(.ai、.eps、.psdあたり)のと、買い切り型なので個人で使う分には大満足のアプリです。
動作も軽いですしね( ´∀`)

イラレよりも直感的に使いやすいような。
公式サイトに会員登録すると30日間無料で試せます。
(Windows版もありますよ)

難点は、情報が英語のものが多いところでしょうか。
あまり説明とか読まずに使って慣れる人なのでそんなに気になりません(^ ^)

Graphicというのも検討したんですけど、開発が止まってるのが気になったのです。
どうなんでしょうね?

Graphic
カテゴリ: グラフィック&デザイン, 仕事効率化

王道!イラストレーター

Adobe Illustrater CS6

今はCCなんですね。
ダウンロードカード版とオンラインコード版があるらしいです。

一番メジャーですよね。

*****

Amazonプライムデーのため、Amazonプライム会員なら、Adobe CCシリーズがめちゃくちゃお得に購入できます!

例)Illustratorの場合、12ヵ月版が通常 26,160円のところ、
2017年 7月11日 23:59まで、50%オフの13,080円(1,090円/月)
プライム会員は、さらに30%オフ(65%オフ)の9,156円(763円/月)

Amazonプライムには30日間の無料体験があるので、今のうちに登録しておくのも良いかと思います^^
アマゾンプライム(初回30日間無料)

*****

公式サイト

インクスケープも使えるらしい

・・・とtwitterで耳にしましたよ。
使い方はわかりません。

インクスケープ

  • Windows
  • Mac
  • Linux

どれでもあるみたいです。

オープンソフトなので無料で使えるけど、CYMKには対応してないみたいですね。
印刷するならCYMKがいいかな。
わたしはリフィルだけでなく印刷用のデータも作るので、インクスケープは試しませんでした。

というか、違いを調べてみると結構違うみたいなのでインクスケープに関しては解説サイトさんにお任せします。

ExcelやWordで作る人も多い

リフィル作成にエクセルを使っている人も多いですよね。
日付入れたりとかが自動でできるのは魅力的ですね( ´ ▽ ` )

パソコンを開く前にやること

いきなりパソコンの前に座っても、すぐにリフィルを作れるわけではありません。
せっかく作るならいいものを作りたいですよね?

面倒くさがらずに、まずは紙とペンでどんなリフィルを作るか書き出しましょう!

「実際に作るサイズで描くこと」がすごく大事です。

  • 白紙のリフィルに直接印刷するのか?
  • A4などの手に入りやすい用紙に印刷してからカットするのか?

をまず決めましょう!

ミニ6やミニ5に関しては、A4に印刷した方が仕上がりがキレイです。

家庭用のプリンターで印刷するには小さすぎて両面印刷ができなかったりして不便なんですよね。

  • この記事を書いた人

ゆうこりん

システム手帳を活用して、暮らしをラクにする方法を模索する手帳ブロガー。
ブログは趣味。発信したい人が増えたので、ちょこっとお手伝いも。

-手帳とノート

Copyright© ゆころぐ , 2017 All Rights Reserved.