手帳とノート

ミニ6システム手帳でバレットジャーナル。問題点と解決方法を模索しています。

更新日:

バレットジャーナルの入門書を読んでノートでやるか、システム手帳に取り入れるか?しばらく考えていたのです。

ロイヒトトゥルムで始めて、手書きでフォームも作ってはいたのです。
結局、しっくりこなくてシステム手帳でやってみることにしました!

バイブルサイズかA5サイズでバレットジャーナルやってる人は見かけるのですが、ミニ6システム手帳で実践している人はあまりいない気がしますね。

フォーマットを作りにくいからかもしれませんね。

とりあえず、ざっくりKEYを決めました

たくさんあっても使うものは限られてくるので、まずはシンプルに。

扉ページ(ディバイダーの裏)に付箋で貼りました。

シンプルにデイリーで管理してみる

お試しなので、方眼のリフィルにスタンプで日付だけ。

スケジュールがあれば、上に書けばいいかな。

とにかくやること、やらなきゃいけないこと、やりたいことを思いつくままに書き出します。

バレットジャーナル本を読む前はウイークリーでやっていた

自己流でなんとなくやっているときは、TODOをウィークリーにリストアップしていました。

Marieさんの本を読んで、スペースがあった方がいいのでは?ということで何も制限のない方眼用紙に書き出すことにしました。

思いついたことを時系列に並べてみて

やりたいこととかやらなきゃいけないことを思いついたときにどこに書けばいいか迷う!

ということが起こりました。

一応keyは付けてるんですが、ぱっと見たときに「今するべきこと」なのか「あとでやること」なのかが分からない。

ちょっとストレスかも…('ー')

解決方法を考えてみた

  • 分かりやすいように色分け?
  • 書く場所を分ける?
  • スペースを区切る??

どれもなんとなくめんどうな気がしてきました。

すぐやれることと、それ以外を分けて管理する

結局のところ、「やらなきゃいけないこと」が分かれば問題ないという話なのですよね。

GTDとブレインダンプを一部取り入れる

時間があるときは、ブレインダンプをすることにしました。

まとまった時間が取れないときは、とりあえずの置き場としてGTDのInboxを採用することに。

ちなみに、1をInboxとして使っています。
バレットジャーナル的には、「日付の後に箇条書き」だと思うのですがわたしの場合は細分化が必要なこともかなりあるので、こんな形になりました。

コレによって、その日のスペースはその日にやるTODOがメインになります。

やってみて気づいたこと

もはや何の手帳術やらノート術やら、分からなくなってしまいました(笑)。

Marieさんの本や海外のBullet Journalの写真を見ると、やはり「少し大きめのノート」を使ってやるのが一番なのだなーと感じました。

  • トラッカー
  • ブログアイデア

とかを別でページを作っている方が多いのも納得です。

わたし的バレットジャーナルまとめ

  1. 思いついたタスクをInboxに書く(一応日付スタンプ)
  2. 細分化も同じページにメモする
  3. 日にちが決まっているものはウイークリーまたはデイリーに転記(Inboxは見え消し)
  4. その他のタスクは当日や週のバランスを見ながら出来そうなところに記入
  5. 実行したらチェック

という感じになっています。

ブログネタや家事は独立したタブを作っています。
リストアップもするけど、ある程度仕組みを作りたいので。
どこまでできるか、ちょっと楽しみです。

ぜひあなたのアイデアも教えてください( ´艸`)

  • この記事を書いた人

ゆうこりん

システム手帳を活用して、暮らしをラクにする方法を模索する手帳ブロガー。
ブログは趣味。発信したい人が増えたので、ちょこっとお手伝いも。

-手帳とノート
-,

Copyright© ゆころぐ , 2017 All Rights Reserved.