ブログ

Invisible reCAPTCHAを使ってワードプレスを守る

更新日:

Invisible reCAPTCHAをワードプレスで使う手順

  1. Google Invisible reCAPTCHAにログインする
  2. ブログURLを登録する
  3. プラグインを使ってInvisible reCAPTCHAを設定する

以上の3つの手順があります。
詳しく説明するので、見ながらやって見てくださいね〜(^ ^)

Google Invisible reCAPTCHAにログイン

Googleなんで、アナリティクスとかGmailとか、アドセンスで使ってるアカウント持ってますよね?

Google Invisible reCAPTCHAからログインします。
画面右上の青いボタンからどうぞ。

※英語だけどビビっちゃダメですよ!

ブログURLを登録する

アカウントページが表示されたら、Register a new siteというところに入力していきます。

  • Label:わかりやすい名前を付けます
  • Choose the type of reCAPTCHA:reCAPTCHAの種類を選びます
メモV2は画像を選ぶやつです!
「Invisible〜」にチェックを入れましょうね。

  • Domains:ブログのドメインを入れます
  • Accept the reCAPTCHA Terms of Service:サービスに同意する
  • Send alerts to owners:アラートを送信する

画像の感じでチェックを入れて「Registor」ボタンを押します。

もう少しこの画面は開いておきましょう!

プラグインを使ってInvisible reCAPTCHAを設定する

Invisible reCAPTCHA for WordPress
をワードプレスのプラグイン追加(管理画面)で検索します。

これです。
「テストされていません」って出ていますが、わたしの環境ではちゃんと動いています。

インストールしたあとは有効化を忘れずに!

プラグインの設定

URLを登録したときに発行されたKEYを登録します。

管理画面の設定の中に「Invisible reCAPTCHA」の項目があります。

Google Invisible reCAPTCHA

ワードプレスの設定画面

写真のように2つのKeyをコピペします。
「設定を保存」を押します。

WordPressのタブは全部チェックを入れました。

  • ログインフォーム
  • 登録フォーム
  • コメントフォーム
  • パスワード紛失時のフォーム

どこでreCAPTCHAを有効にするか?の設定ですね。

Contact Formsのタブ。

  • Contact Form7
  • Gravity Forms

に対応しています。
使っているならチェックを入れましょう。

ゆうこりん
以上でおしまいです。
順番にやっていけばそんなに難しくないので、やってみてくださいね。
  • この記事を書いた人

ゆうこりん

システム手帳を活用して、暮らしをラクにする方法を模索する手帳ブロガー。 ブログは趣味。発信したい人が増えたので、ちょこっとお手伝いも。

-ブログ

Copyright© ゆころぐ , 2017 All Rights Reserved.