手帳

システム手帳用パンチの穴サイズを比較してみた

システム手帳のパンチ穴のサイズを比較したみた

システム手帳用のパンチをこれから買う!!って人、いると思う。

気にしない人が多数派だろうとは思うのですが(笑)
気にする人もきっといるはず!

ということで、手持ちの「システム手帳用の卓上パンチ」の「穴の直径」を測って比較してみました( ´ ▽ ` )

比較したパンチ

持っているパンチは3種類あります。 今回はこの3つと、オマケでフランクリンプランナーのリフィルに元々空いている穴のサイズも測りました。

プラスの手帳用パンチ

プラスのパンチは、可動式でミニ6・バイブル・A5の3サイズ対応しています。

あな吉手帳術をやってる時に購入したので、4年とか5年前くらいに買ったのかな? Instagramのシステム手帳ユーザーさんに人気のパンチに似ています。

真ん中に薄くラインが入ってて、そこに紙の中心を合わせて「ガッチャン!」ってやるタイプのパンチです。

PLUSさんとオープン工業さんのどちらかがOEMなのかな?

このパンチ、なんとA6サイズに対応していました! フランクリンプランナーのポケットサイズにも合います。

Ashford

Ashfordのパンチは、ミニ6とバイブルサイズ用をそれぞれ持っています。

ミニ6サイズのやつは、デザイン?ロゴが今のとは違いますね。
かなり前に買ったものです。

バイブルサイズのは、フランクリンプランナーを最初に買ったときにロフトで買った記憶があるので
・・・2007年とか2008年くらいに購入したはず。

それぞれ、紙を奥まで差し込むとリフィルピッタリのところに穴が開くように設計されています。
Ashfordのものは、それなりのお値段なのもあってかなりしっかりした作りです。
まだまだ使えるのがすごい。

コンパクトでスタイリッシュなのもポイント高いです。(個人的に)

2017年12月、ついにアシュフォードミニ6のパンチが壊れてしまいました・・・。
アシュフォードのパンチはまっすぐ真ん中を押しましょう!!

穴を開けてみた


意外と大きさが違います。
わかりやすいように順番に測ってみます。

穴を開けてみた

フランクリンプランナー純正リフィル(コンパクトサイズ)

これは穴を開けたわけではありません。
フランクリンプランナーは穴がちょっと大きめで、直径6mmでした。

ケイトスペードとかKikki.Kもこのくらいですね。
フランクリンプランナーは独自規格なのですが、穴の位置は「フランクリン・コンパクトサイズ」と「バイブルサイズ」が共通です。

バイブルサイズのバインダーでフランクリンのリフィルが使えるものもありますよ( ´∀`)

可動式パンチ

これだけ紙が違ってわかりにくい・・・。
直径は5.5mmでした。

オープン工業(プラス)

Ashford・ミニ6

直径は4mmでした。

アシュフォードミニ6パンチ

紙の端っこからの距離も長くないので、ルイヴィトンのアジェンダPMとかのリング径が小さいバインダーでも内側が干渉しにくいです。
国内品の純正リフィルとほぼ同じ仕上がりですね。

filofaxのバインダーの場合は直径4mmは結構めくりにくいかもしれません。
マルデンよりもクロコちゃんの方がリングがしっかりしています。

Ashfordバイブルサイズ

直径は5mmでした。

アシュフォードバイブルパンチ

LIFEのノーブルリフィルも測ってみると5mmだったので、国内のバイブルサイズの規格は5mmなのかもしれません。
filofaxの純正リフィルもこのサイズ。

全部まとめてみた

上から下に向かって穴が大きくなってます。

全てのサイズを並べて

結構差があるのがわかるかと思います。
可動式の場合は、穴の大きさがA5サイズに合わせてあるのかもしれませんね。

もちろん、こだわりがなければ、使うぶんにはどちらも支障はないのですけど。
リフィルを作る場合は余白に気をつけたほうが良さそうです。

RELATED POST

-手帳
-

Copyright© ゆころぐ , 2019 All Rights Reserved.