ブログ

スマートな対応を!コピペされたときにやる3つのこと

更新日:

発信していて気になることのひとつ。

「コピーされる」

あるあるですよね〜( ̄▽ ̄)嬉しくない。

またも病院の待ち時間に書いております♪

気にしない!

というのも、そんなところ(コピペするような人)にエネルギーを使うのがもったいないので。

面識のある人にコピーされててちょっとどうしようかと思うけど、向こうは悪意がなかったりする(T ^ T)

お互いの常識が違うだけと思うのが一番かな。

何をコピペされたかはチェックする

たとえばわたしの場合。

  • ランチ会の参加者紹介
  • サービス
  • 告知記事
  • お役立ち記事

と、まぁ言ってしまえば『全部』コピーされてたりします(笑)。あ、別の人ね。
そんなんで起業とかビジネスしてる人が信じられませんけども。

コピペされたときにやること

害がなければ放置することも多いですが、
丸っとコピペされてグーグルさんにペナルティ受けるのも嫌なので、ちょこちょこ対応することも。

画像のリンク

わたしのサーバーから直接表示されている場合は、差し替えます。

それもメッセージ入りの画像とかで、相手のブログの読者さんへのお知らせをします。
プラスメッセージをすれば、大抵は何か対応してくれる方が多いはず。

運営者にメッセージ

アメブロの場合は送りません。多すぎてめんどうなのと、話が通じない人が多いことが理由です。

引用については、むしろ歓迎なんですけど。
そんな概念ないままコピーしてる人がほとんどなので説明するのが大変なのです。

そうでない場合は、きちんと対応してくださる方がほとんどです(*^^*)

グーグルさんへの対応など

詳細は気が向いたら追記します(笑)

これは普段からできる部分かな。
技術的なところ?になるので、要望あれば別で記事にしますね。

要は、向こうがコピーしたということを証明できる状態にしておきます。
いかに早くインデックスしてもらうか、ですね。

サービスをコピーされても

内容違うので、あちらで受けた人が満足出来なくて……いらっしゃったりします。

どうせコピーするなら、内容もしっかりして欲しいわ。

サービスのコピーした人のメルマガを読んでみたら、まー大したことなかったです( ̄▽ ̄)←すぐ解除しちゃった。

まとめ

違いは出てくるし、読んでて違和感になるのです。
コピペしたってその人の文章にはならないんですね(*^^*)

なので、本当に気にしないのが一番ですよ。

  • この記事を書いた人

ゆうこりん

システム手帳を活用して、暮らしをラクにする方法を模索する手帳ブロガー。 ブログは趣味。発信したい人が増えたので、ちょこっとお手伝いも。

-ブログ

Copyright© ゆころぐ , 2017 All Rights Reserved.