パソコンを開く前にやること

2017-7月-15

前回はリフィル作りに使っているソフトのことを書きました。

いきなりソフトで作りはじめる前にやることを紹介します( •̀∀︎•́ )✧︎

https://yucorin.com/refill-making-soft/

スポンサーリンク

どんなリフィルを作る?

リフィルのアイデアを考えます。

  • リフィルの種類
  • 必要な項目
  • デザインのイメージ

などなど。
これがないと、いざパソコンの前に座っても時間だけが過ぎていく・・・(あるあるですw)

慣れないうちは、市販の手帳を参考にするのもいいですね。
マンスリーとかウイークリーとかは使いやすいリフィルのサイズを参考に作るのがオススメです( ´ ▽ ` )

普段からリフィルのアイデアをメモしています!

  • どこかで素敵なリフィルを見たとき
  • 「こんなことを手帳に書きたいな〜」っていう思いつき

そのままにしておくと、いつの間にか忘れてしまうので(笑)手帳に書いておきます。
イラストでもいいし、文字で書いているときもあります。

時間があるときとかにメモを見て作るような感じです。

ラフ(下書き)

えんぴつと白紙のリフィルを使います。

シャーペンは、三菱鉛筆 シャープペン クルトガ ディズニー 0.5 デイジー を使っています。

いくらでも書き直しができるので、頭の中のイメージを書いていきます。

トラッカーというのは、習慣化するのに項目ごとにチェックしていくようなリフィルです。

左側に項目を、右は31日分の枠を作ります。使うときは、できたことの枠を塗っていくような感じです。

清書

清書と言っても、キレイに仕上げる必要はありません!

パソコンで作るときに必要なことが分かるようにします。

  • 余白
  • 枠のサイズ
  • 画像を入れるなら、そのイメージ

下書きの上に書いて大丈夫です。字が汚いのはご愛嬌。

  • 1〜31までは繰り返しなので最初のところしか書いていません
  • 用紙に納まるように枠のサイズを考えています
  • リフィルに直接印刷する時のことを考えて、余白は5mmずつ

この作業は割とどこでもできるので、手帳に白紙のリフィルを挟んでおいてスキマ時間にやることも多いです。

わたしはリフィルを作るときはA4のコピー用紙に印刷して作ることも多いので、データは両方作るようにしています。

ミニ6サイズのリフィルは直接印刷が難しいので、A4のみです。
微妙にズレるんですよね〜!

次はパソコンを使って形にしていきます(*´꒳`*)

スポンサーリンク